top of page

SAKURAOKA & Rafael Zarazua





細部にわたり丹念に作り込まれたガラス作品が国内外に評価されているアーティスト“ラファエルザラズア”とストーリー性のあるポップな配色の絵画を制作する“SAKURAOKA”による2人展を表参道のギャラリーMATにて開催いたします。2024年更なる活躍が期待される2組による展示になりますのでこの機会に是非ご覧下さいませ。

————————————————————————

「Two - person exhibition by ALPHA ET OMEGA」

期間 : 2024 年 2月 3 日(土)〜11(日) Open 1PM〜7PM(最終日18:30まで)

会場 : MAT

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5丁目 49-5

R ハウス B1F


⚫︎ラファエルザラズア

心と頭蓋骨。「Corazones y calaveras」。啓発されたバロックの美学から、ガラスの作品は、その輝く美によってマカブな概念に挑戦し、反射する脆弱性が頭蓋骨、ナイフ、そしてハートを美の対象に変える。細部にわたり丹念に作り上げた作品は、快適ではない要素に慣れ親しむことを促し、繊細なバランスを強調している。鑑賞者に異なるタイプの美しさに慣れ親しむことを望んでいる。


⚫︎SAKURAOKA

SAKURAOKA 1991年生まれ、東京都在住 。見過ごしてしまう当たり前や存在に、ストーリー性を持たせて描写することで心の機微を伝えたい。 主にPOPな配色に、じみじみとした独特な線を合わせた絵画表現を用いる。



Комментарии


最新情報をメールでお届けします

お申し込みありがとうございました。

bottom of page